Gifted 代表挨拶

*画面下のメニューバーで、メニューやサイドバーの表示が可能です*

Giftedを作るきっかけ

 

Giftedを作るきっかけになったのは、私の長男の写真でした。
幼稚園の頃までは、本当に楽しそうな笑顔の写真が多いのですが、最近のは真顔の写真ばかりです。

それを見たときにハッとしました。

子どもたちの笑顔を奪っているのは、私たち大人なのだと

子どもたちに、希望と笑顔を!

大人たちが朝から殺気立って、バタバタして、嫌々仕事をする。

「食べるためにしょうがないから」と言って、通勤ラッシュの電車に乗って、
家に帰ってからは「疲れた」ばかり言っている…。

こうした光景を毎日見ていると、子どもたちはどう思うでしょうか?
「大人になりなくないな」とか
「『仕事』って疲れる、大変そう」ってことではないでしょうか?

日本は先進国の中でも、「仕事に希望を持っていない国」だと言われています。

これは、なぜでしょうか?

日本の「仕事」には、「緊張」が無条件に混ざっている!

日本で言う「仕事」観には、必ずと言っていいほど「緊張」が含まれています。

楽しそうに談笑するなどもってのほか、仕事のツールであったとしても、
スマートフォンをいじっての仕事は、未だに眉をひそめる方も多いですよね。

毎月の給料が保証されている代わりに、思考さえも引き換えに差し出している。
そんな風に感じてしまいます。

とどのつまり、この考えのルーツは「軍隊」です。
「上の命令は絶対、実行する側は疑問を持ってはいけない」のです。

もっと色んな選択肢があっていいはず!

「好きなことを仕事にしても上手くいかない。」
「望んでいる仕事が出来るのは一握り。」

本当にそうなのでしょうか?

私はむしろ、一握りにしているのは、
他でもない自分たちの考え方ではないかと思います。

つまり、好きなことを仕事にしていないことに、
納得できる理由を無理やり当てはめていないでしょうか?

本当に、時代は変わりました。
「個」の力をマネタイズし、世界中の人に届けられるようになったのです。

そして、好きなことを仕事にしている人は、キラキラしている人が多いのです。
大人たちが、楽しく、希望を持って仕事に取り組んだら、どうなるでしょうか。

キラキラしている大人たちを見てきた子どもたちは、
自分たちが大きくなったら、キラキラして仕事をしていると思いませんか?

色々な選択肢があることを、好きなことを仕事にして、
「仕事は楽しいもの」ということを子どもたちに見せていくために。

私は自分のギフトを使って、Giftedを作ることにしました。


もし、あなたも心のどこかで、今やっていることに、しっくり感じていないなら…。
そして、半分諦めつつも「変わりたい」と心のどこかでくすぶっているとしたら…。

Giftedは、あなたの想いを最大限サポートいたします。

Gifted 代表 伊藤 拓


友だち追加
公式LINE@はじめました!
今なら、個別無料相談、受付中ですよ!

この記事を知ってほしい人に
Gifted 伊藤 拓をフォローする
スポンサーリンク
企業の風評被害対策なら「Reputation Guard」へ
Gifted-あなたのギフトはなんですか?-