スポンサーリンク
*画面下のメニューバーで、メニューやサイドバーの表示が可能です*

楽に自分を好きになれる方法【自己承認のススメ】

マインド

「自分を好きになるといいよ」と言われても…
自分のことを好きになれない方へ

Giftedのベースとなっている考え方は、大きく分けると4つあります。

「ギフト」
イージーモード
「ある/ない」どちらにフォーカスするか
・自己承認(この記事です)

誰でもギフトを持っている」というのが、Giftedにおけるメインテーマだとすると、
自己承認は、もう一つのメインテーマと言えるくらい重要なものだと考えています。

マインドコラムの名前を「Seek and Love Yourself」にしたのは、人が輝く上で、「自分のことを好き」とか「自分のことを信じている」というのは、非常に大事なことだからです。

ですが、「自分を好きになれ!」と一方的に言われても、なかなか上手くいかないですよね。

「自分にはこんな欠点があるし…、こういうトコロが嫌いだし…。」
24時間365日一緒にいる自分は、当然、嫌な面も見ることになります。

最高に輝いている人たちは、どうやって自分を好きになったのでしょうか?

今回は、楽に自分を好きになれる方法を紹介します。

無理に、自分を好きになる必要はない

まず、大前提ですが、無理に自分を好きにならなくても、大丈夫です

自分を嫌いになることもあります。
最悪、それでも大丈夫です

ここが最大のポイントです。

◯◯しなくちゃいけない」と強く思っていると、そこからはみ出したときに、もはや「自分は生きていてはいけない」ように思えてきます。

ただ、この「◯◯しなくちゃいけない」というのは、実はそう思っているのは、自分だけだったりします。

非常に狭いコミュニティの中の話だったり、ごく一部の意見のはずなのに、まるで全日本国民が思っているように思えてきます。
仮に、日本国民全員がそう思っていても、他の国ではどうでしょう?

色々な価値観を取り入れると、「◯◯しなくちゃいけない」というのは、「刷り込まれたもの」とさえ思えるかもしれませんね。

よくあるケースは、「◯◯しなくちゃいけない」という気持ちで、他人を攻撃していた人です。
ルールをちゃんと守る真面目な人ほど、この傾向になりやすいです。

まずは、どんな自分も許してあげましょう

「でも、そんなユルユルな基準じゃ、堕落しちゃうんじゃ…?」という方、後でちゃんと説明しますので、もう少し待ってくださいね。

人のことを嫌いになるときは…?

人のことを嫌だなと思うときは、大体2つのパターンに分かれます。
①自分の中の嫌いな部分を、直していない
②自分の中の嫌いな部分を、全面に出している

①は、自分は直しているのに、相手はそのままにしているということです。
②は、その嫌いな部分を、よりによってその人の「強み」としている場合です。

①は相手を見下し、②は相手に嫉妬して、相手の足を引っ張ろうとするのが一般的です。

結局、自分の中の許せない部分を、相手の中に見つけてイライラしているだけなのです。

そうは言っても、どうやって褒めていいか分からない…

これはぜひ実践してほしいのですが、自分を許す+自分で自分をちゃんと褒めてあげてください。

「いいこいいこ」するのも効果絶大で、恥ずかしいとは思いますが、かの松下幸之助さんも実践されていたようです!
と言うと、あなたも実践しやすいですよね!

褒め方のポイントは、頑張った「成果」ではなく、「行動」を見るといいですよ。
「成果」にフォーカスすると、「今日は特に何もなかった」で終わってしまいがちです。

例えば、
「今日体調悪いのに頑張って1日終えたなぁ」とか、
「朝眠いのにちゃんと起きれたなぁ」とか、
「満員電車で今日も往復してご苦労さま」とか
何でもOKです

自分に言うのが照れくさかったら、誰か自分の大切な人に言う感じで、探してみてください。
人に言う分には問題ないのに、自分に言うのは抵抗ありますよね。

これは、「あなたが自分の価値を低く見ているから」です。

「どうせ自分なんて」というのが、自分を許す上で、一番の天敵です。
とは言え、そんな自分を「やっつけてやろう」とか、追い出す必要はないです。

だって、それもあなたの一部ですから。

「どうせ自分なんて…、そうだよね、そう思っちゃうよね。でも、今日あれ頑張ったよね。」
そんな感じでバッチリです!

アメフト日本一の友人の言葉

「成果」ではなく「行動」にフォーカスした言葉をボクにかけてくれたのは、大学時代の友人でした。
彼は、大学でアメフト日本一になると入学し、本当に見事日本一になった人です。

ボクは友人に、講義のノートを貸しました。
よく覚えていないのですが、テストが授業中の内容から出題されなかったか何かで、結果として、貸したノートが役に立ちませんでした

ボクは、「貸したのに申し訳ない」という気持ちで「ゴメン」と謝りました。
ところが、彼が言ったのボクが予想していた言葉ではなく、「ありがとう」でした。

「ノートが役に立ったかどうかは重要じゃない。貸してくれて『ありがとう』」だと。

これは「成果物第一主義」のマジメ君だったボクには、かなり衝撃的でした。
物事は「もっとシンプルでいいのかもしれない」と思った瞬間でした。

緩い基準は、人をダメにする?

「自分を許して、褒めよう」という話をすると、必ず出てくるのが「人間がダメになるのでは?」という主張です。

例えば、「サボっちゃっおうかな?そうだよね、そういうときもあるよね。」と毎回自分を許してしまうと、どんどんダメになりそうですよね。

結論から言うと、そういうケースは非常に少ないです。
と、言うのも、自己承認を続けていくと、人の基準を気にしなくなり、自分の基準がはっきりしていきます

そうすると、本当に自分がやりたいことかや、納得できるかということを重視するようになります。
これは、一見「自己中心的」な状態と思われがちですが、これが本来の「自由な状態」だとボクは考えています。

本当に自由な状態だったら…

一生遊んで暮らせるお金があったとしたら…?

リゾート地で悠々自適な生活を満喫して…、その後どうするのでしょう?
さすがに毎日毎日その生活だと、飽きてきませんか?

一気にスケールが小さい話になって恐縮ですが、ボクの大学1年生の夏休みのとき、とにかく「暇だー、暇だー」とゴロゴロしていました。
このとき、やろうと思えば色々出来たはずですが、やりたいことを全然考えてなかったのです。

やりたいことを真剣に考えるとき、本質的には「お金があるかないか」はそれほど問題ではありません。
やりたいことをするためにお金が必要ならば、貯めるか借りて用意すればいいだけなので、「お金がないから出来ない、やらない」というのは、本来理由として存在しません

「お金があるから自由」なのではなく、本質的に「既に自由」なのです。

「何か食べないと死んでしまう」「眠らないと死んでしまう」「年齢を重ねていく」など、動物的・生理的な制限があるだけで、それ以外にはありません。

ワクワクするものを判断基準にすると…

もう一つ、緩い基準を採用してもグダグダにならないというお話。
苦労は報酬の対価でない以上、無理に苦労する必要はありません。

「報酬は苦労の対価」ってホント?お金の受け取り方を変えてみよう
「こんなに頑張っているのに報われない」そうなあなたに読んで欲しい記事です。報酬は苦労の対価ではありません。時給換算しない稼ぎ方とは?

逆に、手を抜いたりとか、楽をしろというお話でもないのです。

大事なことは、「自分が、ワクワクするかどうか」。
正に、近藤麻理恵さんの「片づけの魔法」に近い発想ですね!

毎日がときめく片づけの魔法 [ 近藤麻理恵 ]

価格:1,728円
(2018/10/13 09:48時点)
感想(25件)

ワクワクするものに出会うと、どうなるでしょうか?

例えば、欲しいものを買ってもらったとき…すぐに使いたくなりませんか?
思い出してみてください、欲しいおもちゃ、ゲーム…すぐに遊びたくなりませんでしたか?

そう、ワクワクする状態に、「サボる」という概念が入り込む余地はありません

もちろん、活動し続けることは出来ませんので、休みは必要ですよね。
この「サボり」については、別な記事でもう少し掘り下げて紹介しようと思います。

ボクたちは、思っている以上に「ネガティブ」にフォーカスしている

例えば、日本円の収入を得ながら、物価の安い海外に住む。
多くのブロガーさんが実施していますが、これを阻む理由はなんでしょう?

「途上国は治安が悪い」「言語が通じない」などなど。
では、既にその生活をしているブロガーさんに聞いてみたらどうでしょうか?

もちろん、その生活にワクワクしないのであれば、特にやる必要はありません。

しかし、ボクたちは自分たちでも思っている以上に「ネガティブ」なほうにフォーカスする癖がついています。

落ち込んでいるときの状態は…?

落ち込んだり、不安を抱えているとき、それは自分の中に方法論がないからです。

その状態で一人で抱え込んでも、解決はなかなか難しいです。
方法がイマイチ思い浮かばないから、「嫌だなぁ」というネガティブな気持ちが出ているので、そんなときは出来てる人に聞けばいいのです。

「こんなことも出来ないなんて…」と自分を責めてしまうと、どんどん一人で抱え込むスパイラルに入ってしまいます。

人間には、得意不得意があります。
あるいは、単純に「知らないだけ」ということもあります。

あなたが不安を感じていることを、あなた自身がそんなに自分を責めなくても大丈夫ですよ。

フラットな状態で相手に分からないことを聞き、あなたのギフトを活かせる分野でまた相手の力になる。

それを繰り返していけば、「◯◯が出来ない自分」や、「◯◯が出来ない相手」も、許してあげることが出来ないでしょうか。

とは言え、「相手を嫌いになってはいけない」と思ってしまうと、またもや「◯◯しなくちゃいけない」の呪いにかかってしまいます。

判断基準は、自分がワクワクするか。もし違和感を感じるなら、無理にやる必要はありません。
結局、あなたが本当にしたいことは何か、何をすればいいかは、あなたが一番知っているはずです。

しかし、それをあなたが「一人で解決しなきゃいけない」理由は、どこにもないのかもしれませんね。


↓「いいな」と思ったら、ぜひクリックで応援お願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
にほんブログ村

自分を好きになれば、人生はうまくいく【電子書籍】[ 本田晃一 ]

価格:1,264円
(2018/10/28 11:01時点)
感想(0件)

ボクが、マインドで最も影響を受けている本田晃一さんの本です。
初期の頃の本ですが、ベースとなっている部分は全くブレていません。 

コメント