スポンサーリンク
*画面下のメニューバーで、メニューやサイドバーの表示が可能です*

Giftedが提唱する「サポーター理論」とは?

マインド

Giftedが提唱する「サポーター理論」。
お会いしている方には伝える機会が多いお話ですが、改めて文章にまとめたいと思います。

自分が応援する人にリソースを使う

「サポーター理論」のポイントは、
自分が応援する「人・モノ・サービス」に自分のリソースを使うことです。

ここでいう「リソース」とは、「お金」だけでなく、「時間」や「技術提供」も含まれます。

「お金は投票権」という考え方があります。
ボク自身も、お金は応援する手段だと考えていますが、応援する絶対的な手段ではなく、その一つに過ぎないと考えています。

例えば、お金を払うだけでは受けられないサービスや、買えない商品はないでしょうか?
そう、ここで「承認」や「応援」が重要になってくるのですね。

この部分の考え方は、こちらの記事でも紹介しています。

【お金を使う判断基準】あなたが使ったお金はどこに行く?
「キャッシュフロー」と言うと、「自分」だけのお金の流れ(収入と支出)で完結しがちです。「自分が使ったお金がどう使われるか?」に着目すると、別の「キャッシュフロー」=「お金の流れ」が見えてきます。

応援してもらうときも同じように!

そして、もう一つ、「サポーター理論」の大きな特徴となるのは、逆もまたしかりということです。

つまり、自分に仕事の依頼やプライベートで協力の話があるときには、自分を応援してくれている人から受けるということです。

当然のように聞こえますが、意外とこれって出来てなかったりします。
例えば、「お金のためだから」と気が進まない仕事を受けたりしていないでしょうか。

もちろん、そういった仕事を受けることが重要な局面もあると思います。

ですが、本質的にそういった仕事は、全体から見ると、他の仕事にも悪影響を与えかねません。

関係が入れ替われば、一方的な関係はなくなる

サポーター理論の最大のポイントは、このように関係が入れ替わることにより、「お客様は神様」のような絶対的な関係性にはならないということです。

松下幸之助さんも著書の中で仰っていましたが、仕入先だと見下していてはダメで、その人たちもお客さんである、または将来のお客さんになる可能性があるということです。

そもそも、「お金を出しているほうが偉い」というのは、結構いびつな考え方ではないでしょうか。

こうした「双方向の関係性」という考え方が、「Movement Designer」という肩書きにも通じます。
※Movement Designerについては、また別な機会にまとめたいと思います。

自分が応援する人に自分のリソースを使う、そして、また自分を応援してくれる人かリソースを受け取る。

身近なところから少しずつ、新しい「消費」の形にシフトしてみませんか。


「いいな」と思ったら、バナークリックで応援をお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
にほんブログ村

この記事を書いた人
Gifted 伊藤 拓

SEOライター(WEBライティング×SEOコンサルタント)
「どんな風になりたいか」を重視し、ブランディングや戦略プラン及びそれに合わせたライティングを行う。

Gifted 伊藤 拓をフォローする

コメント