*画面下のメニューバーで、メニューやサイドバーの表示が可能です*

好きなことは仕事にしてはダメ?好きなことよりも「ワクワク」を!

マインド

「好きなことを仕事にすると上手くいかない」はホント!?

今回のテーマは、「好きなこと」と「ワクワクすること」です。

「好きなことを仕事にすると上手くいかない」というのは、ホントでしょうか?

今回は、「好きなこと」と「ワクワクすること」はちょっと違うかもしれない、ということを紹介していきたいと思います。

「好きなことで生きている」への違和感

「イージーモード」の考え方でいくと、「好きなことを仕事にしても成功しない」というのは、「本人がそう思っているから、そうなんだ!」と言いたいところです。

確かに、好きなことを仕事にして、成功している方もいますよね。

ちなみに、「イージーモード」については、こちらで紹介しています。

人生を「イージーモード」に変える方法【人生のモードは自分で変えられる!】
知らず知らずのうちに、人生をハードモードにしている方がかなりいます。私自身も実はそうでした。それを今からでもイージーモードに変える方法を紹介します。

 

ボク自身も「SEOライター」を仕事にしていますが、自由なマインドを大切にしているのは、「好きなことを仕事にしている」からではありません

何より、ボク自身が「好きなことで生きています」というのは、どこかしっくり来ないところがありました。

この言い方をしてしまうと、「好きなことだけやってればいい」という刹那的な考え方に感じる上、もう一つ、印象的なエピソードがあります。

ゲーマーが、ゲームに飽きた日

ボクは、1983年生まれで、ゲームと共に大きくなりました。
そして、今現在もゲームは、アニメと並んで、ボクにとって本当に好きなものです。

そんなボクは、大学受験のとき、「深夜12時になったらゲームを始める」という自分ルールを決め、毎日ゲームしていました。

しかし、どうでしょう。
不合格通知が続き、2月の終わりにようやく届いた1通の合格通知

届いた合格通知はこの1通だけでしたが、1通あれば十分です。
ボクが行く大学は1つですから。

合格通知が届き、「もう終わったんだ」と思った途端、毎日やっていたゲームがそれほど楽しいものとは思えなくなりました

そのとき、ボクは「ゲームが好きだから毎日やっていたのではなく、受験勉強から少しでも逃れるために毎日ゲームをしていたのだ」と、否が応でも気づいてしまいました。

もちろん、この話は、当時遊んでいたソフトが古かったことなど、他の要因もありますが、それは本質的なことではありません。

「好き」を言い訳に使っている自分に、気づかなかったことも、言い訳に使っている事実そのものにも、文字通り震えるくらいに驚いたのです。

「好き」よりも、「ワクワクするかどうか」を大切に!

今のボクの判断基準は、何事においても、ワクワクするかどうか」だけです。
もちろん、ワクワクする対象は、マインドに共感した人たちと一緒にいる未来です。

これから、仕事をしようとしている人の考え方や、一緒にいる未来を想像してワクワクするか、それだけです。
そのため、「好き」かどうかも大事ですが、それ以上に、ビジョンの共有を目的にしています。

つまり、「好き嫌い」で言えば、考えが合わずにジョイン出来ない人も「嫌い」です。
あるいは、自分とは違うアプローチが出来る方、ボクに苦言を言う方も感情的には「嫌い」でしょう。

ですが、後者の方は、ワクワクする未来を一緒に見ているならば、一緒に何かがやりたい人です!

逆に、ただ「好き」でも、ワクワクする未来がその先に描けないなら、それぞれ別な道を行くこともあるはずです。

「ワクワク」には前向きなベクトルしかない!

ボクが、「ワクワク」を最重要視するのは、この前向きなベクトルが理由です。

「好き」はどちらかというと、内向きなエネルギーです。
底知らずのエネルギーにもなりますが、こじらせることもあるし、もしかしたら、思い詰めた結果、あらぬ方向に向いてしまうかもしれません。

しかし、「ワクワク」は、淀んだエネルギーになりにくいです。
これは、また別な記事で詳しく紹介しますが、「ワクワク」は、試したくてうずうずしている状態です。
「ワクワク」には、当然「サボり」といった概念がありません。

「誰か」と共有している未来へのアプローチで、しかも、即実行という形です。
仮に、見切り発車になったとしても、軌道修正が出来ますし、不足している部分は、お互いで知恵を出し合うことが出来ます。

「ワクワク」だけで食べていくことは、出来る?

結論から言うと、出来ます

そのためには、

マインドを変えること
出来ている人に聞くこと

が、重要です。

ボクは文章を書くことや、言葉としてアウトプットをすることが好きです。

ですが、SEOライターになったのは、自分が書く文章で報酬を得ることに、最高にワクワクしたからです!


カテゴリ内ランキング上昇中!クリックで応援ヨロシクです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
にほんブログ村

2色刷りのパッケージを見るだけでワクワクします!

最初に、自分の原稿がマネタイズされたときの喜びは、今でも忘れられません!

コメント